fc2ブログ
 

「小さいお家の物語」~本と音楽とマジックと~

(旧ブログ)お会いできるのを楽しみにしております!

手紙


2月13日をもちまして企画事業「小さいお家の物語」の参加者の受付を締め切らせていただきました。

たくさんのお申込みを頂き、スタッフ一同感謝の気持ちでいっぱいです。

さて、これまで「小さいお家の物語」の舞台裏をお伝えしてきたスタッフブログでしたが、ここから先は、
当日までの“お楽しみ”にして頂きたいと思います。

私たちも腕をふるって、みなさまを温かくお出迎えできるよう、27日当日までまい進していく所存です。

近々、お申込み頂きましたみなさまへ「招待状」がお届けできると思います。

それでは、2月27日、ドレスコードは「やさしさ1つ」。寒さ対策は十分に。

とびきりの「笑顔」をご用意してお待ちしております。


雑司が谷旧宣教師館をプロデュースする会一同

窓暖炉家



スポンサーサイト



(旧ブログ)はじめに 当ブログについて



雑司が谷旧宣教師館(旧マッケーレブ邸)は、1907(明治40)年に建てられた木造の洋館です。アメリカ人宣教師マッケーレブの住居として、102年前に建てられました。現在は、豊島区が所有し、自由に見学ができるように一般公開されています。1999(平成11)年には東京都有形文化財(建造物)に指定されました。

このたび、旧宣教師館を愛する地元の若い世代のメンバーで新しいタイプの事業を協働企画することになりました。

雑司が谷旧宣教師館では、毎月第1土曜日に開催中の「赤い鳥を語り継ぐおばあちゃんのおはなし会」や、「地域記者に挑戦!雑司が谷の魅力をデジカメで撮ろう」(2008年12月~2009年1月)、「旧宣教師館で遊ぼう!ネイチャーゲームシリーズ」(2008年~2009年・4回実施)、「ガーデンコンサート」(春と夏に開催)などの事業が企画されています。

こうしたインタラクティブ(双方向性)な事業が増えたことにより、一過性で終わらない、旧宣教師館を拠点としたコミュニティの輪が現在、広がりつつあります。

そして、そのような活動を通して、つながった旧宣教師館を愛するメンバーが結集しました。

「いかにしたら、旧宣教師館の魅力が たくさんの人のこころに届くのか・・・」

旧宣教師館を大切に思うメンバーにより、2009年秋「旧宣教師館をプロデュースする会(通称チームZ)」が発足しました。

このブログは、そんな事業に参加しているスタッフチームによるブログです。



このブログの目的は以下の3点です。

1 「プロセスを見てもらう」
ゼロから立ち上げる事業企画が、どう進化していくか、スタッフの思いが形になる経緯をリアルタイムに記録していく。

2 「雑司が谷の魅力を発信する」
旧宣教師館や雑司が谷の魅力を増幅させるのが今回のプロデュースのテーマ。
雑司が谷地域に住み、旧宣教師館の常連だからこそ伝えられる魅力を紹介していく。  

3 「スタッフ間の情報と思いを共有する」
旧宣教師館という「場」でつながったスタッフ。グループワークとしての活動も関係性も大切にする。
そして、学んだこと、感じたことなどをブログに公開することで、外部の人たちとも「共有」したい。



なお、このブログは、雑司が谷旧宣教師館の公式ブログではありません。

チームによる私的なブログです。そこはご了承ください。

ただし、ブログに掲載する写真などはきちんと館に申請し、許可をとっております。



事業開催日は2010年2月27日(土)です。

どのようなものになるのか、事業当日まで、このプロジェクトの成長を、ぜひ、見守ってください。


☆チームZ一同☆